2014年 12月 17日

" True Colors " 製作記

" True Colors " '52 FL Panhead

今回のテーマは、シンプルなガーダーフォークに合わせて全てを極限まで削ぎ落としてシンプルに製作することでした。

手抜きとシンプルは全く違います。
ストックの状態よりもシンプルにしていくのはどんなに大変な事か、やった人間にしか解らないでしょうけど。

作業行程と細かいディテールなんて、ハッキリ言ってどうでもいいのです。
全てはパッと見の印象の為だけの過程に過ぎません。
b0160319_1831735.jpg

ガスタンクは市販のピーナッツで行く予定でしたが
b0160319_18312027.jpg

あまりにも似合わず、結局こんな風に
b0160319_18312766.jpg

テールランプのブラケット
b0160319_18324418.jpg
b0160319_18325577.jpg

途中経過が有りませんが、新人でポジションチェック、
天上天下唯我独尊ってカンジです。
b0160319_18345415.jpg

テールは光るとこのように
b0160319_18354570.jpg

マフラーも極力シンプルなラインを描くように。

とにかく、一つ一つのパーツに出しゃばって欲しく無いのです。
b0160319_18405599.jpg

同じくチェーンガードも、
b0160319_18411630.jpg

こちらはエンジンTOPマウント
b0160319_18414027.jpg

ステップ廻りは写真を取り忘れました。
というか、撮る余裕がありませんでした。

シートをスポンジまで整形して仮組みは終わりです。
b0160319_18424193.jpg

クロームやペイントをしている間にミッションケースを修正しています。
60年以上前のものですから、一筋縄では進みません。
b0160319_1844964.jpg

気になっていたオイルラインを、オイルタンク下から出すように加工
b0160319_18445166.jpg

キャブやマニもポリッシュします。
ヤレた車両を好む方は 『ピカピカなんて簡単でしょ?』 なんて言いますが、やったこと無いのでしょうね。
クロームメッキするパーツだって、全て磨き倒してからメッキ屋さんにお願いするのです。
同じくペイントの下地処理なんて、気が遠くなるような作業です。
b0160319_18493485.jpg

今回は、ペイント過程のほとんどに立ち会いながら進めることに。
言葉では伝わりませんので仕方がありません。

ベースとなる色を造ります。
後で困らないようにに0.1g単位でデータを取っています。
b0160319_185652.jpg

太陽光でチェック
b0160319_18583390.jpg

色合わせから一緒に塗装室に入って塗り上がるまで、10時間も"指示出し君"でした。
b0160319_1905737.jpg

非常に解りにくいですが、ベース色だけで同系色を3色使っています。
b0160319_192739.jpg

画像では解りませんね。。。
b0160319_1931726.jpg
b0160319_1932899.jpg

シートが出来てきました。
永遠の17歳、" 三段シート・チンチラ張り" です。
b0160319_19666.jpg

出発前夜、組立中にGRIMB氏にレタリングを入れてもらいます。
b0160319_1972553.jpg

タンクもやっと完成!
苦労の甲斐あり、思い描いてた色合いに。
b0160319_19102380.jpg

やっぱり画像と肉眼で見る色は、全然違います。。。
b0160319_19103244.jpg


SHIUN CRAFT WORKS
兵庫県神戸市東灘区御影本町7-4-3
CALL/078-822-9085
営業/10:00~19:00
定休日/月曜、第1日曜
http://shiun.us/

by shiun-chop | 2014-12-17 10:11 | Work カスタム作業


<< " True Col...      " Zimsy... >>