2009年 03月 27日 ( 2 )


2009年 03月 27日

夢のスーパーカー

お昼に近所のコンビニまで歩いていく途中に、イタリア車メインの超有名なレストア屋さんがあります。
先日そこで、とんでもないクルマを見てしまいました。
b0160319_2256035.jpg

ランボルギーニ さんとこの ミウラ!で御座います。

こないだは、走っているフェラーリ デイトナ を、たて続けに2台見たときは「うおー!」と、思わず叫んでしまいましたが、ミウラ だと、凄すぎて声も出ません・・・・。

まだペイントブースから出てきたばかりで、ヘッドライトが付いていないにもかかわらず、その流し目にヤラれました。

う・つ・く・し・す・ぎ・る・・・・・・。

私、MATTCHANGは、そのありがたさに、思わず合掌してしまいます。

この、超強烈なオーラを発するクルマには、新型GT-Rだろうが、アストンマーチンだろうが、全くかないません。
思いっきり,主観的な意見ですが・・・・・。

エンジンルームには、ウェーバーのダウンドラフト・キャブに付いたファンネルが12本!天に向かって突き立っております!
「オレも吸い込んで下さいっ!」と思わず言ってしまいそうな美しさです。
真紅に塗られたボディーは、ETCが無くても、ゲートの下をくぐれそうなくらい、ペッタンコです。

すごいぜ、ランボの三浦さん!!!!

時は1963年、トラクターメーカーだったフェルッチョ・ランボルギーニ氏が、新しく買ったフェラーリに不満を持ち、エンツォ・フェラーリ氏に直談判しに行くも、「フン、トラクター屋に何が分かる?」と冷たくあしらわれたことに腹を立て、「おんどれ、上等やんけ!お前んとこよりも上等なクルマ造ったらー!」と、怒り狂ったランボリギーニがクルマを造り始めた、と言うのは有名な神話であります(多少、事実と違うかもしれません)。

この反骨心、すごいですねー。

と言うわけで、このブログを呼んで下さっているような、我々"真のアウト野郎"共は、御ランボルギーニ様 に特別な敬意を払わねばなりません。

もし、何かの間違いで、自分がこんなクルマに乗る時が来たら、ムラサキ色に全塗し、内装は真っ白の革張りにして、ハの字シャコタンにして、スリックタイヤを履かせ、チューリップハットをかぶって転がしたいもんですが、そんな大きな間違いは、起こる気配すらまったく有りません。

そこで、どうせ交通事故に遭うんだったら、携帯片手のニィチャンが運転するミニバンに当てられるより、こんなクルマに、「思いっきり、跳ね飛ばされたい!」と本気で思いました。

by shiun-chop | 2009-03-27 22:52 | CAR
2009年 03月 27日

HARDCORE CHOPPER 入荷しました!

HARDCORE CHOPPER 誌 issue37 が入荷しました。
まだ買ってない方、近くに売ってないという方、お早めにお願いします。¥1490-です。

私共、SHIUN CRAFT WORKS もSHOP紹介のページで紹介されています。
b0160319_23165140.jpg

今回は私、MATTCHANGも大好きな Denvers Choppers の特集でオススメです!
皆がCHOPPERと言えば思い浮かべるような、ロングフォークのCHOPPER の超パイオニア的存在である伝説のSHOPです。
b0160319_23162644.jpg

60年代後半から2000台くらい造られたCHOPPERは本当に美しく、創設者であったDuck Denver氏(1992年にパワーボートのレース中の事故により逝去)の意志を受け継いだMondo Porras氏によって現在も活躍中の老舗中の老舗。

故きをたずねて新しきを知るべし!  1490エンッ! 安いッ!

ブログを書いてる者が言うのも何ですが、こんなに深い内容は、インターネットをいくら見ても得られませんぜ!



実は数年前、SHIUNにて 70年代の製作であろうDENVERS製のCB750 CHOPPERを修理&レストアする機会に恵まれました。なれない4気筒で、色々と困難を極め、2年もかかりましたが、完璧に復元することが出来ました。
同じく HARDCORE CHOPPER 誌 15号で詳しく紹介されています。
b0160319_23375984.jpg
b0160319_23384134.jpg
b0160319_2341069.jpg

私MATTCHANG、この車両は神聖なる文化遺産だと認識しているため、自分のアイディア等は一切入れず、STAFF共々、ひたすら再生することだけを心がけました。

オーナーさんの希望により、タイヤ、キャブ、電装類は、現代風にアップデートし、日本国内向けのウインカーやメーターなどを取り付けしましたが、それ以外の破損していたために造り直したマフラーやシート、シッシーバー等も含めて、忠実に再現しました。

写真がうまくないので、現車の美しさの10分の1位しか伝わらないと思います。

完成時にオーナーさんが見に来て、本当に1時間くらいCBを見ながら、一言も口を聞きませんでした。本当に一言も。
私、MATTCHANG も良い仕事をした自信があったのですが、さすがに長すぎて、何かクレームを言われるのかとドキドキしていたところ、やっと一言、「完璧です!」と言われたときは、さすがに嬉しかったです。

HOTROD CUSTOM SHOW にこのCBを出展した時に、ゲストで来日していた Billy Lane(CHOPPER'S inc.)氏が写真を撮っていたので話をすると、前出のMondo氏に写真を見せると言っていました。これも嬉しい話ですね。

そうそう、私MATTCHANG は、実はこのCB750を再生中に、Mondo氏にメールをしたことがありました。
フレームや、ガスタンクのモールディングが、この Denvers Choppers の特徴なのですが、そのために当時と同じパテ(アメリカではボンドと言う)が欲しくて、メールをしたのですが・・・・・。
「アナタノエイゴハ、ナーニガイイタイノカ、ワッカリマセーン」という感じのメールが帰ってきました。

そうです。このブログを続けて読んで下さっている方は知っているはずです。

私、MATTCHANG は 英語検定4級!でした・・・・・。

何度かアメリカにも行きましたが、"Thank you !" と "F××k you !" で九割五分は話が通じると思っています。

そしてその後、結局パテは現代の日本製の方が良いことが分かり、事なきを得ました。
ご覧のように、モールディングも完璧に再生しております。

by shiun-chop | 2009-03-27 01:14 | MEDIA