SHIUN CRAFT WORKS のブログ

shiunchop.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 05月 17日

今日の地味仕事・・・。

中古車で、次のオーナーが決まったSHOVEL をミッドコントロールにする途中で気が付きました。
ハーレー純正の4速ミッションですが、
b0160319_1102658.jpg

キックカバーを止める、スタッドボルトの取り付け部分が、割れているではあ~りませんか・・・・。
b0160319_1184786.jpg

9本もあるし、そのままでも大丈夫か。黙ってれば解らんですよね。

ん~なわけないし。

直します。


アルミ鋳物専用の溶接棒と、TIG溶接機で肉盛りします。
分子が安定するまで放置してから、面出しします。
b0160319_1133559.jpg

そして、穴空け&タップをたてます。
b0160319_1153868.jpg

出来ました!
ん???? ちょっとネジ穴が、大きすぎるのでは?
b0160319_1194015.jpg

ココでリコイル登場です。
b0160319_116977.jpg

専用工具を使って、写真真ん中の、小さいステンレス製コイルを埋め込みます。
b0160319_1162695.jpg

これでやっと完成です。
リコイルを入れることによって、元よりネジ部分が強くなっています。

ちょうどこのネジ部分に、リヤのブレーキマスターを付けるところでしたので、強度的な不安が無くなって、
思いっきりブレーキが踏めることでしょう。

そんなこんなで、今日もジミ~な仕事内容で御座いました。
b0160319_1422280.jpg

あんまり地味な内容なんで、写真を一枚。  " Pisano Matsubara CAMARO "

1970年代初頭の、ナイト ドラッグレース(速い車だけが勝ち残る ドラッグレース では通常、決勝戦は日が落ちて、暗くなった頃に行われる)。
観客の熱気と、爆音、そしてアルコール燃料のニオイまでもが伝わって来そうな 私 MATTCHANG お気に入りの一枚。

# by shiun-chop | 2009-05-17 02:10 | Maintenance修理・メンテナンス
2009年 05月 16日

For Sale XLH883

FOR SALE '96年式 ハーレーダビッドソン スポーツスター XLH883 Hugger
b0160319_22295447.jpg
b0160319_2230591.jpg
b0160319_22301695.jpg
b0160319_22303851.jpg
b0160319_22304766.jpg
b0160319_22305677.jpg

'96年式 XLH883 Hugger 走行8800km ブルー 乗りだしコミコミ価格 ¥Sold Out-
車検は、H22年7月まで1年ちょっと残っています。 

最近、ちょっと無いくらいに綺麗で GOOD CONDITION な、最終チビタン(って世間では言うの?)スポーツスターです。
ノーマルで車高ベタベタ、ハンドルとグリップ以外は、マフラーから、ウインカーまで、ドノーマルです。

本音を言いますと、私 MATTCHANG は、これが新車だった頃は、ま~ったく興味が御座いませんでした。
しかし、今になってみると、私 MATTCHANG の目は節穴だったようで、とても格好いいと思います。

最近のハーレーはどんどん大きくなるので、スポーツスターも例外にあらず、現行モデルでは、ちょっと小さいダイナグライド位の大きさになってしまいました。それはそれで良いのですが。

この'96年式では、タンクは勿論フェンダーもスリムなので、超コンパクトに感じます。バカでかいウインカーさえも、可愛く思えてきます。

ノーマルでも十分格好いい。と言うか、ノーマルがとても格好いいと思ってしまいます。

かなり気に入ったので、売れるまで 私 MATTCHANG が乗ります!
って、オイオイ走行距離ふえるやんか!(←関西名物、一人ツッコミ)

イカした オネイサン から、(私 MATTCHANG の様な)むさ苦しい ヤロウ まで、どなた様でも似合うと思いますので、お気軽に SHIUN CRAFT WORKS まで、お問い合わせください。
キッチリ整備して、お待ちしております。

# by shiun-chop | 2009-05-16 09:25 | SOLD OUT 売約済
2009年 05月 15日

CHOPPER集会!


b0160319_1220569.jpg
5月31日の日曜日 朝の9時からお昼くらいまでで
神戸ポートアイランドの北公園駐車場でCHOPPER集会があるそうです。

この写真みたいになるんですかね?楽しみです。

雨天中止らしいです。

CHOPPER 乗りの方や、興味のある方なら誰でもOK!
皆様お誘い合わせの上、是非、早起きして参加しませう。

私、MATTCHANG もちゃんとCHOPPERで行こうと思います。
神戸のCHOPPER乗り達は濃いからな~。
きっと、エライ事(偉いではなく、もの凄いという意味)になるのでしょう。

地図はコチラ↓
http://map.yahoo.co.jp/pl?lat=34.673515&lon=135.20667806&p=%E3%81%BF%E3%81%AA%E3%81%A8%E7%95%B0%E4%BA%BA%E9%A4%A8&ei=UTF-8&type=scroll&mode=map&sc=5

# by shiun-chop | 2009-05-15 22:22 | EVENT
2009年 05月 10日

CHOPPERの集い

毎月第2土曜日に、名神吹田P.A.に CHOPPER乗りが集まっていると聞いて、売り物FXRの試乗がてらに、ひとっ走り。

ラバーマウントモデルは、やっぱり最高に高速道路が気持ちよく走れ、悪友DYNAと、2台で横並びで1××km巡航でぶっ飛ばしすぎて、あっという間に到着。

誰もいない・・・・・・・。

早く着きすぎたようです。

と、思ったら次々とやってくるではありませんか!CHOPPER乗りが!
b0160319_23583950.jpg

b0160319_2359619.jpg
b0160319_23593533.jpg
b0160319_23595429.jpg

1時間後には、50台以上のCHOPPERが集まっていました。

"最近、若いCHOPPER乗りがいないな~"と皆でよく話していた所に、呼びかけ人は20代の男女数名だと聞いて、ビックリ。
是非このまま続けていって欲しいものです。


今月末 5/31の朝には、神戸でもCHOPPER乗りの別の集まりがあるらしい。
地元の濃ゆ~い連中達も、行くようなので、私 MATTCHANG も参加せねば。


CHOPPER乗りの、未来は明るい と思った夜でした。

# by shiun-chop | 2009-05-10 23:47 | EVENT
2009年 05月 09日

骸骨マークのつづき

先日ブログで書いた骸骨マークの続きです。
今週の休みは、またまた DYNAMITE AUTOMOBILE へ行っておりました。
b0160319_0224169.jpg

FORD 351 Windser をバラします。
b0160319_0234130.jpg

バラして・・・・。
b0160319_024125.jpg

バラして・・・・・・・・・。
b0160319_0245245.jpg

バラしまくります・・・・・・。

ハイ、スッカラカンで御座います。
b0160319_0261858.jpg

でも、シリンダーをボーリングに出す前に、やっておくことがあります。

その翌日、SHIUN の営業が終わってから、一人でカウンターの上で・・・
ピカピカのピストン8個をハカリで計量します。
b0160319_0333010.jpg

1個につき、3回ずつ計量して平均値を比べると、手前の2個が、約1g 他の6個よりも軽いことが解りました。
かなりバラツキは少ない優秀なピストンですが・・・・

たったの 1g ですが、今度組むクランクシャフトは4インチ(101.6mm)ストロークなので、平均ピストンスピードが、たったの6000rpmで、ピストンスピードの限界(一般論)と言われている 20m/sec を超える計算になってしまいますので、そりゃあもうストロークの上死点、下死点ではとんでもないGがかかるのです。

今は計算式が分かりませんが、2000G位かかるらしいので、単純に 1g のバラツキで 2kg 相当!のバラツキになる(らしい)のです。

ハーレーのように一つのクランクピンに、2つのコンロッドとピストンが付いているエンジンでは気にしても仕方がないのですが、多気筒エンジンでは、振動や異音などの原因になり、ただごとではありません。

ピストンの裏側をリューターで削って、軽い方にバランスをとるのですが、2個重ければ2個削れば済むのですが、今回は2個軽かったので、6個も削らなければなりません。う~~~~ん。


考えたあげく、やっと骸骨マークの登場で御座います。
b0160319_0283145.jpg

こちらは、"Hビーム鍛造コンロッドちゃん" 8個セットで御座います。
もしかして、この中にピストンと組み合わせる、スモールエンド部分が 1g 重い物が2個あれば・・・・
と期待しながら計量します。
b0160319_032223.jpg

往復運動するピストンと、回転運動するクランクシャフトをつなぐコンロッドは、ピストン側のスモールエンド部分付近だけが往復運動するわけですから、クランク側(ビッグエンド)を吊った状態で計量します。

吊り位置で測定値が変わってしまうので、何度も計って平均値を1個ずつとります。

幸か不幸か、このコンロッドはすごく出来が良く、バラツキがありませんでした。
う~~~ん、振り出しに戻ってしまいました。
ピストン6個を合わせるのは、なかなか手間がかかります。

疲れたので、今日のところは一旦終了して帰宅します。



が、帰ってもやっぱり気になって、色々調べました。

古いエンジンほど、現代のように製品精度が良くなかったため、バランスを手作業でとると、見違えるほどスムーズなエンジンになったのは、良く聞く話ですが、いったいどれくらいバラツキがあったかというと、

なんと、初期(1960年代後半~70年代初頭)のポルシェ930ターボで、生産工程でピストンの重量公差が±3gだったそうです(間違ってたら教えて下さい)。

そう思ったら、全く問題ないのですが、純粋なレーシングカーでは 1/100g (0.01g)まで追い込むそうです。
でも、私 MATTCHANG のマス男さんは、レーシングカーではないので、どこまでやるかは考えどころです。

ピストンだけで、こんなに悩むので、エンジン全体のことを想ったり、足回りやボディーまで考え出すと、気が遠くなってまいりました。

いつかは、ボディーもピカピカにしたいなあ・・・・。ん、自分でヤルんかな?イヤですね、それは・・・・・。


ポルシェで±3g だとしたら、43年前のアメリカ車のピストンは、どれほどの公差だったのか気になるので、今度ノーマルのピストンも計ってみようと思います。

完成までは果てしなく、遠い気がします・・・・・。
b0160319_1442536.jpg

気が遠くなるので、今日も妄想して現実逃避・・・・・・・。

ホントはイジるのより、乗る方が好きなんです・・・・・。
ただ、自分の気に入ったクルマやバイクじゃないと私 MATTCHANG は我慢できないので御座います・・・・・。

# by shiun-chop | 2009-05-09 01:55 | CAR